歯ぐきの治療をした後、歯ぐきが下がってしまいました…。悪くなったの?

[ 編集者:附属病院   2014年3月4日 更新 ]

歯ぐきの治療をした後、歯ぐきが下がってしまいました・・・。悪くなったの?

歯周病は歯と歯ぐきの境界に付着した歯周病細菌が原因となり発症する病気です。そのため、歯周病の治療では、患者さんにご自身で歯ブラシなどを使って歯を十分に清掃していただくとともに、専用の器具を用いて歯周病細菌や歯石を除去させていただくことになります。歯周病の原因である細菌が取り除かれれば、歯ぐきの健康を取り戻すことができるからです。
しかしながら、病院で歯ぐきの治療を受けられた患者さんから「歯ぐきの治療をした後、歯ぐきが下がってしまいました。悪くなったのでしょうか?」という質問をいただくことがあります。
このような質問が出てくる背景には、歯周病の進行と痛みなどの症状の出かたが大きく関係しています。歯周病は、かなり重症になるまでは歯ぐきが時々腫れるくらいで、痛みや歯がぐらぐら動くなどの自覚症状はあまりありません。そのため、「歯ぐきの調子が悪いな?」と感じられて来院された時には、歯を支える骨が大きく吸収しているにも関わらず、下に示した治療前の写真の様に歯ぐきが腫れているため、見かけ上は歯ぐきは下がらずに健康な元の位置を保っているように見えることが多いのです。そして、このような歯ぐきに歯周病の治療を行うことで腫れがなくなると、歯ぐきが下がったように見えてしまうのです。治療前と治療後の写真を比較してください。治療により歯ぐきの赤みと腫れが消えて、ピンク色の歯ぐきに回復しているのが分かっていただけると思います。
歯周病の治療は腫れた歯ぐきを切除するものではありませんので、治療後に歯ぐきの腫れが消えて歯ぐきが下がったように見えるのは、歯周病の原因となる歯周病細菌が除去されたことで、歯ぐきの炎症がなくなった正常な治癒反応と言えます。さらに言えば、このような変化が明らかに見られたということは、良好な治療結果がもたらされたことを意味します。また、このような歯ぐきの変化は、治療後も持続することはありませんので、ご安心ください。

歯ぐきの治療前 歯ぐきの治療後

  • ホーム
  • ページトップ
  • 印刷
  • YouTube
  • 文字サイズ大

    文字サイズ中