新型コロナウイルスへの対策について

[ 編集者:歯学部附属病院   2021年1月14日 更新 ]

 新型コロナウイルスの”第3波”の感染拡大により、大阪府をはじめとする都市部において感染者が急増しており、それに伴い医療体制がひっ迫してきている状況です。 大阪府、兵庫県及び京都府に緊急事態宣言が発令されましたが、本院では感染防止対策を徹底し、市中の感染状況などを確認しながら、今後も可能な限り通常の診療体制を維持していく予定にしております。ご理解とご了承のほどお願いいたします。

質問票のご記入ならびに来院時のマスクの着用について

 全ての患者様および付き添いの方全員に、質問票のご記入をお願いしております。さらに、来院の際は、必ずマスクの着用をお願いいたします。マスクを着用していない場合は、ハンカチ等で口元を覆っていただくようお願いいたします。また、受診前の検温を実施しております。受診の際、付き添いの方については極力少なくなるようにお願いいたします。
 なお、当院では患者さん及び院内における「感染対策強化」「安心」及び「安全」確保のため、以下の項目に該当する方は治療を延期させていただく場合があることをご了承願います。

各項目の「過去1週間」の症状(状況)をお聞きしています。
①発熱や咳等の風邪様症状がある。
②同居する人に発熱や咳等の風邪様症状がある。
③同居する人に自宅隔離を要請されている方がいる。
④匂いや味が分かりにくい症状がある。
※「過去1週間」→(例)本日が月曜日の場合・・・前週の月曜日から本日までの期間

救急・夜間休日診療について

 大阪府下において、新型コロナウイルスに感染する方が急増しており、大阪モデルにおいて赤信号が点灯していることを踏まえ、本院にて実施している休日・夜間救急診療について、以下の通り対応致します。

※ 救急・夜間休日診療については、当面の間、救急車等緊急を要する場合のみの受付とします。 

 患者さんにはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解頂きますようお願いします。
 




  • ホーム
  • ページトップ
  • 印刷
  • YouTube
  • 文字サイズ大

    文字サイズ中