新型コロナウィルスへの対策について

[ 編集者:歯学部附属病院   2020年5月25日 更新 ]

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う大阪府及び近隣府県の緊急事態宣言は解除されましたが、新型コロナウイルスの感染リスクが完全になくなったわけではなく、引き続き感染対策は継続することが求められている状況です。 院内感染や患者さまへの安全に配慮しながら本院での歯科治療を継続するために、当面の間、治療は制限し、入院および外来診療について、以下の対応を実施いたします。 市中の感染状況などを確認しながら、通常の診療体制に徐々に回復していく予定にしております。 ご理解とご了承のほどお願いいたします。

1.外来(初診・再診)について

初診は、緊急を要する紹介状持参の方のみ、受け付けています。

・本院では、他の医療機関では治療が困難な患者さんへの治療を維持し、治療に必要な個人防護具を確保するために、初診は緊急を要する紹介状持参の方のみに限定いたします。

再診は、治療の緊急性・必要性の高い患者様の治療のみとします。

・再診についても、治療に必要な個人防護具を確保するために、必要性に応じて治療の延期を検討させていただきます。それに伴う電話による相談、予約変更等をいたします。

2.来院前の検温および質問票のご記入ならびに来院時のマスクの着用について

 当面の間、全ての患者様および付き添いの方全員に、来院前のご自宅等での検温と質問票のご記入をお願いしております。なお、来院の際は、必ずマスクの着用をお願いいたします。マスクを着用していない場合は、ハンカチ等で口元を覆っていただくようお願いいたします。また、以下の項目に該当する方は治療を延期いたします。

① 発熱や咳等の風邪様症状がある。
② 同居する人に発熱や咳等の風邪様症状がある。
③ 同居する人が自宅隔離を要請されている方がいる。
④ 過去14日以内に、海外渡航歴がある。
⑤ 過去14日以内に、海外から帰国した人との濃厚接触歴がある。
⑥ 過去14日以内に、屋内で50人以上が集まる集会・イベントに参加したことがある。
⑦ 匂いや味が分かりにくい症状がある。

3.入院について

 延期できる治療について、ご相談の上、延期をさせていただくことがございます。

4.救急・夜間休日診療

 当面の間、重症の方の救急対応以外受け付けておりません。




  • ホーム
  • ページトップ
  • 印刷
  • YouTube
  • 文字サイズ大

    文字サイズ中